投稿者「okame」のアーカイブ

出産祝い品、なにを贈りますか

引き続き出産祝いについて、今日はいったい贈り物にはなにがいいのでしょうかについて考えてみます。ここで大事なのはあなたと贈られる方との関係ですね。もちろんこれは贈り物に限った話でもありませんが。おおざっぱに相手先を4つに分けて考えてみます。その4つとは職場の同僚・友達・目上の方・親戚といったところです。

まずは職場の同僚について、よくあるパターンですが個別に渡すのではなくグループでまとめてお渡ししたほうが、お返しもラクなことがあり賢く親切です。一人3000円くらですね、それでも10名になれが3万円、3万円の贈り物といえばこちらのサイトが参考になります

ずばり3万円で人気商品と理由を説明してくれていますので、参考になるのではないでしょうか。ポイントは同じものばかり贈られてもある意味迷惑でもったいないこと。おむつケーキなどもいいのかもしれませんが、たぶんいくつも集まって押し入れ行きですよ。

まあこれは相手先との関係は問わずの話ですね。なので予算的な面からみると次の友達には上限で1万円でいいのではないでしょうか。

名前入りの記念品などオシャレな感じもしますが、記念品は本人たちで用意されているはずです、またモノを贈られると気を使わせてしまいます。カタログギフトなど自由に選んでもらえるものの方がお互いに気楽で良しです。

目上の方に対しても同じ、ただし凝ったり気を利かしたいのなら「包装に凝る」ことがベストです。また親戚ならば事前にリクエストしてもらうこともひとつ、同じものばかり贈られても困るわけです、身内ならそんな話もできるのではないでしょうか。

まあお中元やお歳暮のように無難なものでもいいのですが、同じものになってしまいます。なので現金や商品券の方がよっぽどスマートです。よく心がこもっていないとか味気ないなどという方もいますが、贈られたほうとしては一番使い勝手もよくあいがたいものなのですから。贈られる側の気持ちを優先にすることが何よりですね。

出産祝いについて

出産祝い、音もおめでたいことですがこういった時しきたりやマナーをよくチェックしておかないと取り返しのつかないことになりますので、お祝い金の相場だけではなく熨斗や書き方など、要点だけでもおさえておきましょう。

新札を用意しましょう
出産に限った話ではありませんが開店祝い、結婚祝いなど祝い金は「新札」でお渡しすることが礼儀です。ただお葬式の時は新札は避けることも知っておきたいところですね。新札は銀行で替えてもらうことができます。どうしても用意できなければ汚れのないきれいなお札を入れることをお忘れなく、アイロンをかけたりするのもまあ一つですね。

祝儀袋の書き方は
まず注意したいのはしっかりと筆で書くこと、ボールペンやマジックは簡易的なものなので祝儀袋などには適しません。もちろん筆ペンでもかまいません、あれは本当に便利なものです。そしてここで注意が必要なのが「墨の濃淡」お祝い事には濃い墨を使います。そして逆にお葬式などでは薄い墨、筆ペンもよく見ると二種類ありますので注意してくださいね。祝御出産などと書き下に名前を記入します、御出産御祝でもいいですね。

お札の入れ方を知っていますか
ここでさらに注意したいのがお札の入れ方、せっかく新札を用意して袋も用意したのにこの向きを間違える、いや知らない人は意外なくらい多いものです。お札を入れる向きはしっかり決まっており、お札の表側と祝儀袋に入っている内袋の表を合わせます。お札を取り出した時しっかり表が出るように入れることをお忘れなく。

商品券を贈りたいときは・・・
商品券でももちろん失礼には当たりません。むしろ商品選びに自信がなければあいてに好きなものを選んでもらったほうが間違いはありません。金額の相場は現金に合わせたいところ、ギフトブックなどが人気がありますね。

金運アップのヒント

働けど働けど我が暮らし楽にならざり・・・、毎日こんなに残業して家に帰るのもいつも深夜遅い時間、なのに給料はこれだけか。あなたもそうですか、毎月家系は火の車、原因はただ本人の「浪費グセ」貯金なんか、生まれてこの方したこともありません。これは私の隣に住む「親友」のことです。

しかしここで言いたいのはこういった悩みは、お金に嫌われる人だから。そしてそんな環境を作っているのも本人なのだとか。そして、お金と幸運をあなたが招き入れることが出来るのも、家しだい、「風水」が絡んでいるのだそうです。

ここでその風水について解説すると、風水とは環境学のことです。お金の悩みを解決し、幸せを手元に引き寄せたければ、住まいの環境を整えるべし、これがその教えです。そしてここでのポイントは「気の流れ」です。陰陽のバランスなどともいいますが、今すぐできること、それはお祈りではなく「掃除」です。

生命活動に必要なのは光・水・気、その流れ、通り道を整えてあげること、これこそがセオリーとなるようなのです。風水においては、金運を集めたければまず家内に運気を集めることが要求されるのです。そして注意すべきは陰陽のバランス、明るい=吉・暗い=凶の気が満ちるとはいってもすべて明るくしてもダメなのだとか。

なんかややっこしそうですね、こうなると無責任なこともいえません。結論や的確なアドバイスをもらいたいのなら専門家に聞くことが何よりです。占い師のもとを訪ねればいいのです。しかし風水となると「現場」を見なければなんとも答えようがないですね。そうなると「出張」していただけなければなりません。要するに課金されるわけです。

「これでいいのだろうか」自らに問いかけていただきたい理由

たとえば「占い」について考えてみましょう。何のために占い師の元を訪ねるのか、(今では「電話占い」といった洒落たサービスも普及しているなか)人はなにを占いに求めるのでしょうか。

たぶんそのの答えは、「この先の私」を予測してもらいたい、多くの方はこれでしょう。私は幸せになるでしょうか、このままこんな中途半端な関係でいていいのでしょうか、運命の人と巡り合うことが出来るでしょうか。だれもがごく自然に抱いている不安であり、希望でもあることです。

しかし、ハッキリ言ってその答えは、鑑定を依頼する占い師さんの数だけあるはずです。そして、ここで大切なことは、占い師にも未来のことなどはわからないことです。未来のことがわかる人間などたぶんいないはず、タイムマシンにでも乗らないとわからないものなのです。

では占い師がいいかげんなことを言うのか、それはそれで違います。占い師の語る未来、それは依頼者にとって、依頼者の現状から、たぶんこうなるであろう、といった思い描く未来のことです。

そしてここでぜひ考えてもらいたいこと、それは鑑定の結果に対し、「これでいいのだろうか」とあなた自身に問いかけることなのです。何を言いたいのかと言うと、占いの結果はあなたが無意識のうちに描いている未来であり、あなたの「現在の」思い描く明日であることが多い、いやあなたの内面を反映するものだからなのです。

「これでいいのだろうか」自らに問いかけていただきたいのは、運命は変えられることなんです。この時代に生まれてきたことは「宿命」です、女として生まれてきたこともそう。これはもう、どうしようもないことなのです。

でも、そのなかであなた自身が織りなす毎日、それはあなたが切り開く「運命」なのです。占いの結果に一喜一憂するのもいいでしょう、でも「これでいいのだろうか」そう思った時の素直な思いこそ大切にしてください。そしてもうおわかりでしょう、行動のきっかけとしてほしいのです。