出産祝いについて

出産祝い、音もおめでたいことですがこういった時しきたりやマナーをよくチェックしておかないと取り返しのつかないことになりますので、お祝い金の相場だけではなく熨斗や書き方など、要点だけでもおさえておきましょう。

新札を用意しましょう
出産に限った話ではありませんが開店祝い、結婚祝いなど祝い金は「新札」でお渡しすることが礼儀です。ただお葬式の時は新札は避けることも知っておきたいところですね。新札は銀行で替えてもらうことができます。どうしても用意できなければ汚れのないきれいなお札を入れることをお忘れなく、アイロンをかけたりするのもまあ一つですね。

祝儀袋の書き方は
まず注意したいのはしっかりと筆で書くこと、ボールペンやマジックは簡易的なものなので祝儀袋などには適しません。もちろん筆ペンでもかまいません、あれは本当に便利なものです。そしてここで注意が必要なのが「墨の濃淡」お祝い事には濃い墨を使います。そして逆にお葬式などでは薄い墨、筆ペンもよく見ると二種類ありますので注意してくださいね。祝御出産などと書き下に名前を記入します、御出産御祝でもいいですね。

お札の入れ方を知っていますか
ここでさらに注意したいのがお札の入れ方、せっかく新札を用意して袋も用意したのにこの向きを間違える、いや知らない人は意外なくらい多いものです。お札を入れる向きはしっかり決まっており、お札の表側と祝儀袋に入っている内袋の表を合わせます。お札を取り出した時しっかり表が出るように入れることをお忘れなく。

商品券を贈りたいときは・・・
商品券でももちろん失礼には当たりません。むしろ商品選びに自信がなければあいてに好きなものを選んでもらったほうが間違いはありません。金額の相場は現金に合わせたいところ、ギフトブックなどが人気がありますね。