金運アップのヒント、電話占いはいかがでしょう

働けど働けど我が暮らし楽にならざり・・・、毎日こんなに残業して家に帰るのもいつも深夜遅い時間、なのに給料はこれだけか。あなたもそうですか、毎月家系は火の車、原因はただ本人の「浪費グセ」貯金なんか、生まれてこの方したこともありません。これは私の隣に住む「親友」のことです。

しかしここで言いたいのはこういった悩みは、お金に嫌われる人だから。そしてそんな環境を作っているのも本人なのだとか。そして、お金と幸運をあなたが招き入れることが出来るのも、家しだい、「風水」が絡んでいるのだそうです。

ここでその風水について解説すると、風水とは環境学のことです。お金の悩みを解決し、幸せを手元に引き寄せたければ、住まいの環境を整えるべし、これがその教えです。そしてここでのポイントは「気の流れ」です。陰陽のバランスなどともいいますが、今すぐできること、それはお祈りではなく「掃除」です。

生命活動に必要なのは光・水・気、その流れ、通り道を整えてあげること、これこそがセオリーとなるようなのです。風水においては、金運を集めたければまず家内に運気を集めることが要求されるのです。そして注意すべきは陰陽のバランス、明るい=吉・暗い=凶の気が満ちるとはいってもすべて明るくしてもダメなのだとか。

なんかややっこしそうですね、こうなると無責任なこともいえません。結論や的確なアドバイスをもらいたいのなら専門家に聞くことが何よりです。占い師のもとを訪ねればいいのです。しかし風水となると「現場」を見なければなんとも答えようがないですね。そうなると「出張」していただけなければなりません。要するに課金されるわけです。

しかしちょっとしたヒントでよければ「電話占い」はいかがでしょう、たとえばこちら、簡単に利用でき電話で風水も鑑定していただける占い師もいるようです。まあ問題は環境ではなく金運のなさ、気軽に相談でもしてみますか。ただ、たしかに掃除はした方がいいですね。

「これでいいのだろうか」自らに問いかけていただきたい理由

たとえば「占い」について考えてみましょう。何のために占い師の元を訪ねるのか、(今では「電話占い」といった洒落たサービスも普及しているなか)人はなにを占いに求めるのでしょうか。

たぶんそのの答えは、「この先の私」を予測してもらいたい、多くの方はこれでしょう。私は幸せになるでしょうか、このままこんな中途半端な関係でいていいのでしょうか、運命の人と巡り合うことが出来るでしょうか。だれもがごく自然に抱いている不安であり、希望でもあることです。

しかし、ハッキリ言ってその答えは、鑑定を依頼する占い師さんの数だけあるはずです。そして、ここで大切なことは、占い師にも未来のことなどはわからないことです。未来のことがわかる人間などたぶんいないはず、タイムマシンにでも乗らないとわからないものなのです。

では占い師がいいかげんなことを言うのか、それはそれで違います。占い師の語る未来、それは依頼者にとって、依頼者の現状から、たぶんこうなるであろう、といった思い描く未来のことです。

そしてここでぜひ考えてもらいたいこと、それは鑑定の結果に対し、「これでいいのだろうか」とあなた自身に問いかけることなのです。何を言いたいのかと言うと、占いの結果はあなたが無意識のうちに描いている未来であり、あなたの「現在の」思い描く明日であることが多い、いやあなたの内面を反映するものだからなのです。

「これでいいのだろうか」自らに問いかけていただきたいのは、運命は変えられることなんです。この時代に生まれてきたことは「宿命」です、女として生まれてきたこともそう。これはもう、どうしようもないことなのです。

でも、そのなかであなた自身が織りなす毎日、それはあなたが切り開く「運命」なのです。占いの結果に一喜一憂するのもいいでしょう、でも「これでいいのだろうか」そう思った時の素直な思いこそ大切にしてください。そしてもうおわかりでしょう、行動のきっかけとしてほしいのです。